実は乾燥を加速させている「NGケア」にサヨナラ!

pixta_26762454_M-5734c27e3cdef992477d77106cec5494f2dcf635

間違ったスキンケアが乾燥を加速させている!?

良かれと思ったケアのせいで乾燥肌に…!?

乾燥があらゆる肌トラブルの元凶になっているということは、すでに女性たちの間では常識ですよね。でも、その原因や正しい対策については意外と知られていないもの。間違った洗顔やスキンケアが乾燥を加速させているケースも少なくありません。

肌の乾燥に悩むその前に! いつもの洗顔やスキンケアをもう一度見直し、正しい方法を身につけましょう。



 

あなたは大丈夫? 間違いだらけの「NGケア」とは

保湿ケア

今年は乾燥知らずで過ごしたい!

乾燥の原因として圧倒的に多いのが、間違ったスキンケアによるもの。きちんとお手入れしているつもりでも、実は方法が間違っていた……というのはよくあることなのです。

たとえば、スキンケアの基本ステップである洗顔では、多くの人が必要な皮脂まで落とし過ぎる傾向にあります。私たちの肌の表面を覆っている皮脂膜は、皮脂と汗が混ざり合ってできた天然の保湿成分。洗顔の回数が多すぎたり、洗浄力の強い洗顔料を使っていると、大切な皮脂膜まで洗い流してしまいます。ゴシゴシこすって刺激を与えるのもNG。

そしてもちろん、その後のスキンケアも重要です。保湿は化粧水をたっぷり塗れば良いと思っていたら、それは大きな間違い! 化粧水は成分のほとんどが水分。最後にしっかりと油分でフタをしないと、たっぷりつけてもすぐに蒸発してしまいます。また、強すぎるパッティングや、シートマスクの長時間の使用がかえって逆効果になることも。

肌が本来持っている水分保持力をアップさせる洗顔やスキンケアを身につけて、潤い美肌を手に入れましょう!

乾燥を防ぐ洗顔&スキンケア、これが正解!

乾燥肌対策には、正しい洗顔とスキンケアが何よりも大切です。以下の3つのステップを実践してみてください。

保湿ステップ1:落としすぎない洗顔

洗顔の目的は、余分な皮脂や古い角質を落とし、肌を清潔に保つことにあります。肌に必要な潤いまで奪ってしまわないよう、最大限の注意を払いましょう。

保湿ケア

予備洗いやすすぎはぬるま湯で!

・基本的には朝、夜の2回で十分です。

・皮脂を取り過ぎない、マイルドな洗浄力の洗顔料を選びましょう。

・最も避けたいのが“摩擦”です。洗顔料を十分に泡立てたら、たっぷりの泡を顔全体にのせ、肌の上で転がすようにして洗いましょう。指と顔の間に泡のクッションを狭んでいるような感覚で。ゴシゴシこするのはNG。

・熱いお湯を使って洗顔すると、肌に必要な油分まで洗い落としてしまううえに水分が蒸発しやすくなり、乾燥を招きます。肌に泡をのせる前の予備洗いやすすぎは、人肌程度のぬるま湯で行いましょう。

・シャワーで一気に洗い流すのもNG。水圧が予想以上に肌に負担をかける場合もあります。手でぬるま湯をすくい、そっと肌にかけるようにして。

保湿ステップ2:たっぷり水分を補給

肌の乾燥を防ぐ大切な役割を果たしているのが、表皮の一番外側にある角質層。ラップ一枚ほどの薄さといわれるこの角質層を水分で満たすことこそが、潤い美肌への近道です。

・化粧水は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど水分保持力の高い成分を配合したものを選びましょう。

・洗顔後や入浴後は、肌の水分がどんどん蒸発して逃げていきます。一分一秒を惜しむつもりで、直ちに水分補給を。

・化粧水はただ“つける”のではなく、“浸透させる”つもりでケアを。両手で顔を包み込むようにしてなじませるハンドプレスも効果的です。乾燥しやすい目元や口元は重ねづけを。

・肌を手でパンパンと叩いて刺激を与えるようなパッティングは、乾燥肌の人はなるべく避けましょう。

・シートマスクの長時間の使用はかえって肌の乾燥を招くことも。10分以内を目安に、シートが乾いてきたら外すようにしましょう。

保湿ステップ3:油分でフタをする

油分も水分と同じように、肌にとってはなくてはならないもの。ベタつきを嫌って乳液やクリームを塗らないのはNG。たっぷり水分を補給した後は、乳液やクリームでフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。

保湿ケア

潤いをしっかり閉じ込めて!

・手のひらに適量を取ったら、両手をこすり合わせるようにして人肌程度に温めてから塗ると、より肌に浸透しやすくなります。

・化粧水と同じように、乳液やクリームもハンドプレスしてよくなじませて。

・使用量の目安は、塗った後に軽くティッシュペーパーが貼りつくくらい。もしくは肌が少し光るくらいがおすすめ。

・ベタつかずさらっとした感触が好みなら乳液、しっかり保湿したいならクリームというように、肌質や感触の好みに合わせて使い分けてみてください。乾燥がひどい時はオイルもおすすめです。

どれもちょっとしたことですが、毎日少しずつでも意識することで肌が変わってきますよ。

毎日の紫外線対策や体の内側からのケアも大切!

乾燥を防いで肌の潤いをキープするには、正しい保湿ケア以外に、毎日の紫外線対策や体の内側からのケアも大切です。

保湿ケア

栄養バランスの取れた食生活もポイント。

・紫外線は肌の乾燥を加速させます。紫外線対策は年間通じて行いましょう。

・睡眠は7時間以上が理想的。睡眠中に分泌される成長ホルモンが肌の新陳代謝をサポートします。

・1日3回、規則正しい食生活を。ビタミン、ミネラル、タンパク質といった栄養バランスの良い食事を心がけましょう。



 

体の内側と外側、両面からのケアを徹底して、今年の秋冬は乾燥知らずの潤い美肌を目指しましょう!

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top