ココナッツの次は!MCTオイルのダイエット効果に注目

Coconut-and-Coconut-Oil-5168f142dae94d78d372e11644c4decc9d5bdfb5

ココナッツオイルよりスゴイ!? 話題沸騰の「MCTオイル」とは?

ココナッツオイルよりパワフルな効果?

テレビのダイエット企画の影響もあって、今、「MCTオイル」に注目が集まっています!

実はバターコーヒー提唱者であり、「完全無欠ダイエット」「シリコンバレー式ダイエット」で著名なデイヴ・アスプリーに取材した際も、「MCTオイル」について言及されていました。

そこで今回は、
「MCTオイルってどんなオイル?」
「ココナッツオイルと似ている? ココナッツオイルとの違いは?」
「どのような効能があるの?」
「効果的な摂取方法は?」
などの素朴な疑問について、くわしく解説していきたいと思います。

「MCTオイル」と「ココナッツオイル」との違い

そもそも「MCTオイル」のMCTとは、Medium Chain Triglycerides=「中鎖脂肪酸」のことで、「MCTオイル」は中鎖脂肪酸100%のオイルのことを言います。

中鎖脂肪酸には、栄養の吸収を高めつつ代謝を促し、身体に蓄積された脂肪を分解して排出する働きがあるため、余分な脂肪や糖を吸収せずにエネルギー消費を速やかに行うため、ダイエット効果が期待できます。

MCTオイルは消化がよく、血中脂質を増やしにくい性質があるため、病院食でも使われており、特に、腎臓にトラブルを持つ方の食事の際に使われることが多いそうです。

ちなみに、この中鎖脂肪酸はココナッツオイルにも豊富に含まれています。ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれているのですが、100%中鎖脂肪酸を含む「MCTオイル」のほうが、よりパワフルと言えるでしょう。

「MCTオイル」のここがスゴイ! その効能と特徴

様々な種類がある「MCTオイル」はスーパーでも購入可能

様々な種類がある「MCTオイル」はスーパーでも購入可能

油の主成分となる脂肪酸は、飽和脂肪酸という炭素のつながりの長さによって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分けられます。

例えば、サラダ油やオリーブオイルなどの植物油は長鎖脂肪酸です。そして、MCTオイルやココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べると水になじみやすく、消化吸収がよいという特徴があります。

また、前述の通り、中鎖脂肪酸は身体に蓄積された脂肪を分解して排出する働きがあるため、余分な脂肪や糖を吸収しにくくなるという効果が期待できます。
ココナッツオイルでお米を炊けばカロリー半分!?」という記事もあわせて参考にしてみてください。

さらに、水溶性の食物繊維であるペクチンが豊富に含まれているため、糖や脂肪の吸収を遅らせることで血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪を蓄積しにくい身体へと導くと同時に、便秘解消や善玉菌の活性化による腸内環境改善にも役立ちます。

「MCTオイル」がダイエットに効果的な理由

「MCTオイル」は脂肪を速やかに燃焼するのに効果的!

「MCTオイル」は脂肪を速やかに燃焼するのに効果的!


以上を踏まえて、「MCTオイル」がダイエットに効果的な理由を3つ挙げていきます。

■ケトン体生成による脂肪燃焼

体内でエネルギー源となるブドウ糖が不足すると、身体は脂肪を燃焼させてエネルギーとして使うようになります。このときに肝臓で作られるのがケトン体です。

通常は、エネルギー源となるブドウ糖が体内にあるとケトン体は発生しないのですが、中鎖脂肪酸はブドウ糖が身体に十分あってもケトン体を作り出す性質があります。しかも、長鎖脂肪酸に比べて約10倍のケトン体を生成できるため、「MCTオイル」を取り入れることで、ケトン体が効率よく作られ、脂肪を燃焼させてダイエットにつながるというわけです。

■空腹感が和らぐ

「MCTオイル」を摂取することで、ケトン体をエネルギー源にできるため、ブドウ糖を温存できるのもメリットです。

これにより血糖値が維持されるので、お腹がすきにくくなり、間食が減ったり食事量を自然にセーブできることにもつながります。また、ダイエットに運動を取り入れる場合は、疲れにくくなるという効果も期待できます。

■腸内環境改善で便秘解消

中鎖脂肪酸には水溶性の植物繊維ペクチンも豊富に含まれているため、善玉菌を活性化して腸内環境を改善します。

また水分を含んで便を柔らかくしてくれるため、便秘解消にも役立ち、お腹まわりをスッキリさせる効果も期待できます。

「MCTオイル」の効果的な摂取方法と注意点

加熱せずに和える&混ぜるがオススメ!

加熱せずに和える&混ぜるがオススメ!

「MCTオイル」は味や匂いがないのも特徴なため、料理や飲み物、調味料に混ぜて活用するのにも便利です。

例えば、バターコーヒーに混ぜる、味噌汁やスープに入れる、ドレッシングやマヨネーズと一緒に混ぜて、和え物等に活用するのがオススメです。

注意点としては、「MCTオイル」は一般的な油と比べて低温でも煙が出てしまうため、加熱が必要な揚げ物や炒め物の使用は避けましょう

また、一度に多く摂取すると下痢や腹痛などの症状が現れることがあるので、1日に大さじ1~2杯程度の適切な量を守りましょう。

特に糖尿病等の症状がある方は注意が必要なので、お医者様等に相談し、指示通りの量を守ってください。

飲み物や料理にも手軽に使えるのが嬉しい「MCTオイル」。これまで使っていたオイルを「MCTオイル」に置き換えすることで、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top