痛い!かゆい!大人のしもやけに密かに悩んでいる女子のためのケア

20170201_shimoyake_eye-150x150-78156e911048ac7afe2344e3b549549d933fef2a

モテ子
大人でしもやけなんて自分だけかも、なんて悩んでない?

しもやけといえば、子供だけにできるものと思われがちです。もちろん、大人になるにつれて、自然と治っていくことがほとんどなのですが、女性の場合は、なかなか治らずに20代や30代、それ以降になってからも、できたり悪化したりする方もいるんです。

しもやけは痛いし、かゆいし…とてもつらいもの。今回は大人のしもやけに悩んでいる女子のために、予防やホームケアなどをくわしくご紹介します。

しもやけの症状

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

しもやけは、手足の指先や耳たぶ、鼻先などに多くできます。でき始めは赤みがあり、ややかゆいな?くらいからの感覚ですが、次第に赤みやハレが強くなり、ジンジンしたりヒリヒリしたりと痛みも感じるようになります。

さらに、症状がひどくなると手の甲や足の甲、太ももや腰などにも広がり、赤く腫れ上がったり水ぶくれや赤黒い肌色になったりすることも…。

また、衣類などでこすれたりかきむしったりして、水ぶくれが破けると、じゅくじゅくとしてきてかなりしみるので、夜は眠れなくなる人もいるくらいです。

特に、温度や湿度で感覚は変わり、寒い時にはジンジンと痛くなり、温まるとムズムズとかゆみが出てきます。

一般的にしもやけは、冬の初めに多く見られかゆみを伴いますが、まれに似たような症状でしもやけ以外の病気(凍傷や膠原病)などの場合もあるので、そのほかに気になる症状がないかどうかを注意しましょう。

しもやけの原因

しもやけができる原因は、主に血行不良です。特に、女性は冷え性の人が多いので男性よりもしもやけになりやすく、さらに、冬の初めにできやすいという特徴からもわかるように、温度変化があることでも、しもやけは発生します。

しもやけは、昼と夜の温度差が10度以上あるような状況でできやすいので、必ずしも寒冷地に住んでいる人だけのものではありません。

そのほかに、肌が濡れた時や手足に汗をかきやすくいつも湿っている人も、肌から水分が蒸発する際に身体が冷えることが原因となり、しもやけができやすくなります。

また、温かくなると出てくるかゆみは、冷えて循環が悪くなっている血流が、急に温度が上がることで一気によくなり、神経が刺激を受けていることから発生します。

しもやけ予防のための11のケア

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

しもやけはできてしまうと、痛いうえになかなか治りにくいので、日頃からできないように予防をしましょう。

  1. 身体を冷やさないように冷え性対策をする
  2. 特に手足を露出させないようにして暖かくする(カイロや温かい素材の手袋や靴下)
  3. 手足を開いたり閉じたりするグーパー体操を行う
  4. シャワーではなく湯船につかり身体を温める
  5. 靴下は5本指のものがおすすめ
  6. 耳当て、マスクなどを利用する
  7. 汗をかいたり濡れたりした時には、タオルなどですぐにふきとる
  8. 血行が良くなる食べ物やサプリメントをとる(しょうが、香辛料、ビタミンE、ビタミンCなど)
  9. ハンドクリームをつける際に、ていねいにマッザージをする
  10. アロマテラピーの精油を湯船に入れるのも効果的(ラベンダー+ローズマリーなど)
  11. 手浴、足浴などの部分入浴を取り入れる

最後に

しもやけ予防は、特に秋から冬になる前が重要ですが、冷える体質の方はできれば1年中行いましょう。常日頃から、血液の循環が良くなるように意識しておくことは、しもやけにはもちろんですが、美容にもとってもいいですよ。でも、もし、しもやけがひどくなってしまった時には、早めに皮ふ科を受診してくださいね。

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top