オバ化に注意!女度に差がつく冬の身だしなみチェック

Fotolia_20170202_denki_01-99cf1b6205b02e07c87c2033917d8059faf48174
モテ子
この季節、気を抜くと一気に老け込むわよ。

四季の中でも取り分け長く感じられる冬。朝、寒さで背中を縮こめて、マスク顔で通勤通学している人が目立ちます。寒さでテンションとともに美意識まで落ち込んでいませんか?空気が乾燥したり、肌の露出も減ったりする冬は、もろもろのケアを怠るとなんだか野暮ったい印象に…。若いアナタも、ちょっとしたことでオバさんぽく見えてしまっているかも?!そうならないためにも、さっそくこの季節に気を付けたい冬の身だしなみをチェックしていきましょう。

周囲は気になっている?!ファッションのケアと着こなし

photo by Fotolia.com

毛玉だらけのニット

冬の偏愛アイテム、ニット!ふわもこ素材や、ざっくりローゲージで冬でも女性らしさを演出できるアイテム。しかし、せっかくのニットも毛玉だらけではおしゃれ度がダウン。毛玉はニットの表面の繊維が摩擦により絡まることでできてしまいます。そのため、鞄を肩掛けする腕や摩擦の多い脇部分は特にできやすくなります。お気に入りのニットは頻繁にチェックし、毛玉取りツールや小さなハサミなどで丁寧に取り除きましょう。

ウールのコートは要注意!ほこり&ニットの毛が…

毎日のように着るのに、頻繁にはクリーニングできないコート。この時期は絶対に手放せない主役アイテムですよね。特に定番アウターとして人気の黒や紺などのウールコートで気を付けたいのが小さな毛やほこりの付着。合わせて着たマフラーやファーの毛、繊維が抜けてついてしまうこともよくありますよね。濃い色は特に目立ってしまうので、ついてしまったらブラシなどで丁寧に取り除くケアを忘れずに。静電気を防ぐスプレーをしておくのも◎

防腐・防虫剤のにおい

クローゼットから出したばかりの服は防腐・防虫剤のにおいが残っています。そのまま着ると周囲に独特なにおいを放っているかもしれません…。クローゼットの奥にしまっていた服は風通しの良いところで一度陰干ししてから着るようにしましょう。

機能性インナーが目立つ

素材にもよりますが、ヒートテックなどの機能性インナーは基本的に服の内側にインナーとして着用するものです。袖口や胸元などからしっかり見えて、「着ています感」が出てしまうコーディネートをしてしまうと女度が急降下…。少し老けた印象になってしまうこともあるので要注意!

ファッションが地味色ばかり

服がどうしても暗くなりがちな冬。全身黒や紺、グレーのモノトーンコーデも素敵ですが、地味で重たいイメージにもなりかねません。そこで、マフラーやバックなどの小物にブルーなどの明るい差し色をプラスしましょう。また、室内ではVネックなどで適度な肌見せ部分を残すと女性らしさもキープできますよ。

コートのフードが裏返しに…

モッズコートや、ダウンなどのフード付きコートはカジュアルな雰囲気がキュート。しかし、気を付けたいのはその着こなし。羽織ったあと、フード部分が背中でペタンと裏返しになったまま歩いている人を多くみかけます。これではせっかくのフード付きコートがちょっぴり残念モード…。羽織る度にフードの形を整え、ふんわりとしたボリューム感を活かした着こなしを意識しましょう!

脱ぐのがコワイ…?ブーツのにおい

この時期のお悩みの定番と言えばブーツのにおい。1日履き続けて、汗で蒸れたブーツの中で雑菌が繁殖することで嫌なにおいが…。履いた後は、専用の消臭スプレーをし、風通しのよいところで保管しましょう。また毎日同じブーツを履き続けるのもNG。1日履いたら、翌日は休ませるなどしてブーツに雑菌が溜まることを防止しましょう。さらに、足は1日にコップ1杯分もの汗をかくといわれています。かかとの角質ケアなどのフットケアも忘れずに。

女度に差がつく?!ヘア&ハンド

静電気でボサボサヘア

乾燥する季節、バチっと起きる静電気は厄介ですね。顔やボディの保湿ケアは万全!という人は多いと思いますが、ヘアケアは後手に回りがち。髪も肌と同じように日々乾燥と戦っているパーツの1つです。静電気でボサボサと散らかったヘアでは、清潔感も色気もゼロ!ブローの際に、洗い流さないトリートメントヘアオイルで髪の潤いを積極的に補ってあげましょう。また、血行が悪くなった頭皮はどんどん硬くなり、美髪の妨げになります。プラスαのケアとして、頭皮マッサージで血流を促してあげるのもよいでしょう。

カサカサ粉拭きハンド

“意外と見られているパーツ”ナンバーワンの手。乾燥でカサカサ、ささくれがあるまま放置していませんか。生活の中で常に空気にさらされ、活動している手は当然ダメージを受けやすいパーツです。ハンドクリームやオイルでこまめなケアをして潤いを補給しましょう。特に爪部分は乾燥しやすいので根元部分を中心にオイルを塗り込みましょう。

最後に

いかがでしたか?寒さと戦い、体調をキープしながら女らしさにまで気を配るのは容易ではありません。しかし、今回ご紹介したポイントをクリアすれば洗練された女性に近づけるのは確か。少しの気配りと時間で、元々持ち合わせたアナタの魅力がもっと輝くものに格上げされますよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top