痩せたのに何かが違う…デブエットでヘルシーボディーを作るには?

Fotolia_20170220_diet_02-902ac7697f8fbcd4d196230d4ef3b169aef0b00a
モテ子
なにごともほどよく、が大事よ。

photo by Fotolia.com

理想的な体型を目指すべく、食事制限や運動を取り入れてダイエット生活を送る人が多い中、体重は減ったけれど、肌のハリがなくなったという方や、頬が痩せこけてしまったという人もいるようです。そこで健康的な体型を取り戻すため、適度に体重を増やすことも重要なので、太るためのデブエットについてご紹介したいと思います。

体重が増えるメカニズムとは

体重の増減には摂取カロリーと消費との関係は必要不可欠。なんとなく分かっている人も、ここできちんとおさらいをしていきましょう。まず、食べた以上にカロリーを消費できれば体重を効率的に減らすことが可能になりますが、それとは逆に、体重を増やすためには、消費エネルギーよりも摂取カロリーを増やすことが重要になってきます。3食きちんと食べていても、野菜中心の生活や、ご飯や麺などの炭水化物を制限していると意外とカロリーを摂取していないことになり、体重を増やすことができません。

生活習慣の見直しをしてみよう

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

では、単純にたくさん食べればいいのかというとそうではなく、バランス良く食べつつ、適度に運動も取り入れて筋肉を作る必要があるので、食生活をはじめとした生活習慣の見直しをしてみることからはじめてみましょう。

食事は、3食をしっかり食べることを基本とし、バランスの取れた食事を心がけること。食べるだけでは余計な脂肪がついてしまうので、筋トレをして体全体のバランスを整えていくことも重要です。身体を動かせば食欲も増しますし、健康的に食べて、程よく筋肉がついた身体を作ることを意識するようにしましょう。さらに、美味しく食べるには、胃の健康も必要不可欠なので、暴飲暴食はやめ、晩酌をしている人は飲む量や回数も見直してみましょう。また、内臓を休ませるためには睡眠も大事。一日の生活の流れを振り返ってみると、改善しなくてはいけない部分がたくさん出てくるのではないでしょうか。気になったものは一つずつ改善していくようにしましょう。

おすすめの食事

ダイエット中に、糖質制限で大好きなご飯を我慢していたという人は、炭水化物も食事のメニューに取り入れてみて。ご飯=糖質=太るという公式が浮かぶ人もいるかもしれませんが、ご飯にはビタミンやミネラルも多く含まれています。また、デブエット=脂肪を増やすのではなく、運動をして筋肉を増やし、健康的な身体になるという意味合いもあるので、筋肉の元になるたんぱく質は必要不可欠なのです。ご飯とたんぱく質の量を調整しながら食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの運動

適度に筋肉をつけるためには筋トレが有効です。運動、筋トレというとジムなどに通うことをイメージするかもしれませんが、自宅でも腕立て伏せやスクワッドなどの筋トレは、テレビを見ながらでも手軽に行うことができます。ここで大事なのが、身体の中にある大きな筋肉を意識して鍛えるということ。特に背中や胸、お腹や脚、お尻を鍛えるとバランスの取れたきれいな身体を作ることができますよ。筋トレ前には十分にストレッチをして身体をほぐし、ケガをしないように準備をしてからはじめるようにしましょう。また、筋トレをした後は、筋肉が作られるのをサポートずるためにプロテイン(たんぱく質)を飲むのもおすすめ。そしてゆっくりと身体を休めることも重要です。毎日の積み重ねが健康的な身体を作るので、バランスの良い食事と両立しながら、継続することがポイントです。

まとめ

いかがでしたか。これらの食事と運動を継続することで筋肉がほどよくついた理想的な体を手に入れることができます。ただ、なにごとも継続は力なりなので、続けることを意識して取り組んでみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top