手を抜いていると意外に危険!?ピアスとピアスホールのケア

Fotolia_20170501_Earrings_02-d374aac2b65e9fd6a399d11c4b0ca7ab8e466ea9
モテ子
まさか同じピアスを2日連続で使ってないわよね?

ピアスは安価で、形や柄も豊富にあるので気軽につけられるファッションアイテムです。洋服や季節にあわせたり、流行を取り入れたピアスをすることで、顔の印象が華やかになりますよね。また耳にかけているイヤリングとは異なり、ピアスホールを開けているので落として無くす心配がありません。しかし、そんなピアスもケアを怠ると耳が荒れたり、腫れたりとトラブルが発生してしまうかもしれませんよ。楽しくおしゃれをするためにも、もう一度ピアスの使い方、ピアスホールのケアを見直してみましょう。

photo by Fotolia.com

ピアスホールのケアは何をしたらいい?

いつもよりピアスが入りにくかったり、ピアスホールから膿のようなものが出てきたりしたことはありませんか?ピアスホールを開けてから数か月の間であれば、リンパ液など心配いらないものが出ている場合もありますが、ピアスホールが細菌に感染し、化膿している場合もあります。しかも、気になって触ってしまうとさらに悪化することも。こうなる前に日頃からのケアが必要です。

耳を毎日洗う

顔は毎日お風呂に入ったときに必ず洗顔フォームや石鹸で洗いますよね。それなのに意外と忘れられがちなのが顔の横についている、耳。顔を洗うついでに泡立てた石鹸で汚れを落としましょう。ゴシゴシと強くこするのではなく、泡でやさしく洗って耳を傷つけないように注意して。
また、ピアスホールは、専用のクリーナーも市販されているので、それを使ってみるのも良いかもしれませんね。

汗に注意!

これからどんどん暑くなる時期。そうでなくても日本は湿潤気候でジメジメしているので外を歩けば身体中が汗ばんできます。ピアスをつけている耳も例外ではなく、汗をかいた結果、ピアスホールに老廃物がたまって最悪炎症を起こす可能性があります。こまめに汗をふくことが大切ですね。ランニングなどの汗をかく運動時は季節を問わず、ピアスを外しておくか、どうしてもつけたい場合は運動終了後、すぐに汗を拭き取り清潔な状態にしましょう。

ピアスのケア

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

保管

ピアスを外してそのまま置きっぱなしにしたり、すぐに使うからといって化粧ポーチにコロンと入れておいたりすると、ピアスに汚れがつく原因となります。また、素材によっては、空気中の成分と化学反応を起こして、変色したり、黒ずんだりする場合もあります。そのため、ピアスを保管する時は、密閉性のあるものにいれましょう。ピアス専用の小さな密閉性のある容器に入れれば、外出時にも簡単に持ち運びができます。100均などでもピアスケースを購入することができますよ。

洗浄・消毒

耳から外した自分のピアスを見てみてみると、耳を通るピアスポストだけではなく、ピアスポストの付け根やキャッチまで汚れていませんか?汚れたピアスをそのままにすると雑菌が繁殖し、ピアスホール周辺が炎症を起こす原因になります。ピアスを外すタイミングで汚れを拭き取って、きれいな状態で保管し、ピアスを耳につける前にもきれいに汚れをとりましょう。また、時にはピアスを石鹸で洗ったり、エタノールなどの消毒液を使って消毒したりするのも有効。ピアスホールに通すときにはいつも清潔な状態にしたいですね。

最後に

いかがでしたか?どのケアも1分とかかりませんし、常に清潔にしていれば、化膿する可能性も低くなります。万が一、ピアスホールに異常がでたら、自力で治そうとせず、ピアスを開けた病院や皮膚科に相談しましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top