大人だってあせもができます!原因と予防対策について

20170622_asemo_eye-150x150-f774cc8f72cfc7b582ae5b0b6578f9eec1746803

モテ子
モテ子:
子供じゃないんだから。放置するんじゃないわよ。

あせもって、子供の頃によくできた経験がありますよね?でも、必ずしも子供だけではなく、大人になってあせもができる場合もあるんです。大人になってからのあせもって、なんだか恥ずかしいけれど、放置すると悪化して肌に痕が残ることも…。今回は、大人のあせも対策についてくわしくお伝えします。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

あせもができる原因

あせもの正式名称は「汗疹(かんしん)」といいますが、その名の通り汗が原因でできる湿しんのことです。高温多湿などの影響で大量に汗をかくと、エクリン腺という汗腺が何らかの原因で詰まったり閉じたりして、汗がスムーズに流れ出なくなります。すると、皮膚の内側に汗が溜まることで皮ふへ刺激となり炎症が起きるのです。

子供や赤ちゃんにあせもが多いのは、汗腺の数は大人と同じため密度が高いことや、肌が薄く刺激を受けやすいことのほかに、外で遊んだり汗をすぐ拭かなかったりして不衛生になりやすいことも原因のひとつです。

また、あせもは首や背中、ワキ周辺、脚の付け根、おしりなど、汗をかきやすくムレやすい部位や衣類が重なったり肌が密着したりする部位によくでき、炎症を起こして赤みやかゆみをともなうもの、小さな水ぶくれができるだけのものがあります。

しかし、大人の場合は、大量の汗をかいた状態の時だけではなく、体調不良などで肌が敏感になることでも、あせもができやすくなってしまいます。

あせもの普段のケアと予防対策

あせもの原因は汗によるものですが、汗を止めることはできません。そのため、汗をかいた時のケアが重要になってきます。

汗をかいた時に、ホコリや皮脂などの汚れが原因で、汗腺が詰まる場合があるので、詰まりを防ぐために、汗をかいたら清潔なタオルなどでふき取ったり、衣類を着替えたりしましょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

できれば、シャワーで洗い流すのが一番ですが、むずかしい時は濡れタオルなどで拭くようにしましょう。最近は、汗拭きシートの種類が豊富なので、汗をかきやすい時期には常備しておくと安心ですね。また、衣類の素材も通気性の良いものに変え、温度調節しやすいように工夫をするとムレにくくなります。体調をくずしたり、疲れがたまったりして、肌が敏感になることもあるので、睡眠をしっかりとりストレスをためないことも大切です。

あせもがひどくなってしまった時

かゆみが出ないタイプのあせもは、清潔にしておけば、ほとんどの場合数日たつと、自然と治ってしまいます。ただし、炎症をおこして赤みとかゆみがあるタイプのあせもの場合は、ついかきむしってしまったり不衛生になってしまったりして、悪化してしまうこともあります。

かきむしってしまえば、ばい菌が入り、場合によっては水ぶくれやとびひに移行してしまい、肌質によってしこりができたり色素沈着をしたりと、どんどん悪化してしまう場合もあります。あせもは、かきむしらないようにすることが大切ですが、かゆみがおさまらない時には、冷タオルなどで肌を鎮静させ、早いうちに皮膚科を受診して治療を受けるようにしましょう。

まとめ

たかが、あせもくらいで…と思わず、早いうちに対処することがひどくならないための秘訣です。特に、これから夏に向かって汗をかく季節になるので、気をつけてくださいね。

あわせて読みたい

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top