冷房冷え女子注目!温かくても冷えがとれないホットドリンクはコレ

20160627_hotdrink_eye-300x300-c19bf3be861aed41025fa387130899959db34aeb
モテ子
飲んだら温まるけど、温められてはいなかったみたい。

女子の天敵「冷え性」。最近では夏でも室内はエアコンがしっかり効いているので血行が悪くなり手足がひんやり。冷房冷え対策に夏でもあえてホットドリンクを飲んでいるという女性は多いと思います。ですが、普段飲んでいる、そのホットドリンクが逆に身体を冷やす原因になっているかもしれないんです。

意外と知らない、ホットドリンクの真実!


温かい飲み物だからといって、すべての飲み物が身体を温めてくれるとは限りません。ここでは実は冷えとりに効果がないとされるホットドリンクをご紹介します。

緑茶

ホットでもアイスでもよく飲まれる緑茶。実は、緑茶には鉄分の吸収を妨げてしまうタンニンという成分が入っています。鉄分は新しい血液を作るのに不可欠。血液が不足すると血行も悪くなり身体の冷えにつながります。また緑茶はお茶の中でもカフェインが多め。カフェインによる利尿効果で熱が排出され、身体が冷えてしまうのです。

牛乳

寝る前に飲む人も多いホットミルク。「身体を温めて、リラックスできる。」そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?実は、牛乳自体に冷えとり効果はないのでホットミルクを飲んでも身体が温まることはありません。

ミントティ

冷えとり効果が期待される紅茶の中でも、ミントティだけは別。実は冷えとり効果がないドリンクなんです。ミントは、発汗作用があり、熱を排出して体温を下げる効果があります。暑さを抑えたい時にはオススメの飲み物ですが、冷え性の人は飲むのを控えた方がいいかもしれません。

コーヒー

温かいコーヒーを飲んで身体を温めようと思う人はたくさんいるでしょう。しかし、コーヒーは身体を冷やす作用が強いといわれているドリンクなんです!基本的に温かい国で育った原料は身体を冷やす作用があることが多いですが、コーヒーの原料であるコーヒー豆もその一つです。飲んだ時は温かいですが、少しずつ身体が冷えていってしてしまうので飲み過ぎないように注意がしましょう。

温め効果のカギは“発酵”がにぎっている!


では、逆に身体を温めるのはどんなドリンクなのでしょう?キーワードは「発酵食品」。実は、味噌、納豆、ヨーグルトなど、整腸や美肌効果、ほかにもたくさんの健康効果で知られている“発酵食品”には、身体を温める効果もあるのです。発酵食品に分類されるドリンクには次のようなものがあります。

紅茶・ほうじ茶・番茶

緑茶は身体を冷やすとご紹介しましたが、同じお茶でも紅茶・ほうじ茶・番茶などは、発酵食品の仲間なのだそう。たしかに緑茶の茶葉は摘み取られた時と同じ緑色、紅茶・ほうじ茶・番茶は赤味がかっていたり、茶色くなったりしていますよね。

ココア

意外かもしれませんが、ココアもカカオから作られたれっきとした発酵食品です。さらにココアには抗酸化作用の高いポリフェノールや血行促進効果のあるテオブロミンも豊富。砂糖や人工甘味料の少ない純ココアを選ぶとより効果を得られますよ。

きちんとした知識を持って冷えにくい身体に!

いかがでしたか?ホットコーヒーや緑茶など、いつも飲んでいるドリンクは逆に身体を冷やしてしまう作用があったなんて驚きですよね。ただ、冷えとりに効果が無いとわかっていても、味が好みだったり、他の効果を望んで飲んでいるものもあると思います。そんな時はドリンクに身体を温める効果のあるジンジャーシナモンを入れてみましょう。夏でも「冷え」は美しさや健康を害する女子の大敵。暑さにつられて身体を必要以上に冷やしてしまわないように、自分なりに工夫をしていきましょう!

Related post

話題の記事

  1. 1-7697e164e0324411c5e66417732fa4d06edb6699
    毛穴ケアし …
  2. makeup1-79e9d7dc17ce5f9704f4324155e9af0fa35ee311
    メイクをする…
  3. 24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3-14f8d4ba898242135f7256c50117ad298d9d1539
    ダイエット中&#…
Return Top